不思議な体験からスピリチュアルな世界へ(^^)/
私の彼女は霊媒体質!?+ shisutaブログ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
人気blogランキングでは何位だろう?
FC2ブログランキングでは何位だろう?

ページトップへ
水子の祟り
2006-03-13-Mon  CATEGORY: スピリチュアル


私はここ最近まで水子の祟りは恐ろしい!と信じていました
水子供養という言葉もあるし この世に生まれたくても生まれることができなかった霊はその想いの強さゆえ祟りを招く・・・という考え方に何の疑問もありませんでした(^^;


しかし 私の調べたところでは・・・


水子の祟りなどあり得ないんです!!∑( ̄□ ̄;




これを説明するにはまず生まれて来る時の親子関係の意味を解かねばなりません

       

(談:丹波氏) 子供の方が親を選ぶんだ。「勝手に生みやがって」なんて子供が言ったら、「勝手に出てきやがって」と言うのが正解。子供の方がねらいを定めて親の方に飛び込んで来るんだ。 例えば前世で美人だった場合、それを自慢する人生を送ったなら、次はおかめ、ひょっとこの様な両親を狙って生まれて来るんだ。「何でこんな顔で生んだんだ」と怨むが、貴方の方が選んだんだ。



このように魂が現世に修行として戻ってくる場合 どの親の子として生まれるかは自分自身が決めて生まれてくるんだそうです!課題を持って生まれるわけですから生まれてから自分は不遇だ!と思うのはある意味当たり前ってことなんですね(^^;自分で選んだ道なんですから文句を言わず自分に足りない部分を補う勉強をしなければ生まれた意味がないんです(^^)




そういう観点からすると 水子というのは何だろう?




(談:小池氏※1)水子というものを一般では祟りがあるとか霊障が有るとか水子供養をしなければいけないと仰る霊能者ですとか、お寺さんですとかが多いわけですけれど、ここで知っておいて頂きたいのは、水子供養の対象となるような霊の存在は無いということです。祟りをするとか障るとか何かを引き起こす問題は無いと言うことです。ですから、霊能者の方が「水子供養が必要ですよ。御祓いをしなければ病気は治りません」そう言うようなことを言われるとしたなら、率直に申し上げて本物では無いと……ハッキリ言ってお金儲けであると言うふうに捉えた方がよろしいと思います。

※1 スピリチュアル研究家 小池里予氏  


(談:丹波氏)飛び込んできたのは子供の方だから、親が呼び寄せたわけじゃないから。飛び込んできて、「ここしまった」「違っちゃった」と気がついた魂はノック(知らせる)するわけですね、母親を。母親はノックに気がついた場合は堕ろしてしまうんです。ここで生まれてきても自分の魂の修正にならないと、3ヶ月4ヶ月の時点で気がつくんですよ。 その場合、まだ結婚していないとか、体が弱いなどと言うことも条件にはいるでしょう。まあ、いろんな条件を自分で勝手に感じて(解釈して)堕ろしてしまう。その次に、いくらノックしても感じてくれない母親に対しては、自分がおなかの中で死んで、勝手に霊界に帰っちゃうんだ。


(談:江原氏)水子の供養というと水子は祟ると思われているんですが、祟る事は無いんですよ。ただ、私は水子の供養が必要だと思うことも有るんです。何う言うことかというと、その両親を心配している場合です。こちら(親)が悲しみを断ち切る、「もう良いよ」と言ってあげることによって供養になるわけです。




このように霊界研究家の間では水子の祟りなどないというのは既に常識らしいんです!
私の彼女も色々な霊を見てきていますが 水子の霊なんか見たことないって言ってます

つまり 水子の霊は亡くなったら比較的すぐに上の世界へ迎えられるので現世に彷徨いはしないのです
どうやら水子の祟りというのは 戒めとして使われた言葉のようですね(^^)




では 水子の供養は必要ないのか?



(談:小池氏)率直に言いまして、中絶であるとか、流産で子供を亡くされるということは、お母さんにとって非常に心の痛みを覚えることになるんです。ですけれども、いつまでも自責の念とか苦しみ、後悔とかをずーっと引きずっていてはいけないんです。その念に低級霊が引き寄せられてからかいをするので、霊障と言うなら寧ろ、そう言うようなことで起こるということなのです。
人間というのは、通常に生まれている以上必ず過ちを犯します。過ちを犯して、そこから教訓を学んで成長していくのが地上人生の目的ですので、失敗は誰にでもあることです。
本心からの反省をなさって、二度とそれはしないと思われたら、そして本当に正しい生き方をして行こうと思われたら、それが一番の供養です。



このように水子の供養というのは 親の念を断ち切るという意味なんですね(^^)





幼くして亡くなってしまうのはどういうことなんだろう?



生後2~3ヶ月で亡くなってしまう乳児が結構います 医学的にはっきり解明されていないので自然死と呼ばれているらしいのですが・・・
こういう場合は 概して地上生活に於いて獲得するものがあまり無いというか もうある程度の成長を遂げていて 地上体験がさほど必要無いという場合で 親の修行の為ということになるのでしょうか(^^)






水子供養などの場を設けることは何の問題もありませんが 水子という恐怖心を煽ってお金を取るという輩には気を付けましょう(^^)v





スポンサーサイト

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
人気blogランキングでは何位だろう?
FC2ブログランキングでは何位だろう?

ページトップへ  トラックバック0 コメント30
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
>蒼海さん
コメント管理人 | URL | 2006-03-15-Wed 22:49 [EDIT]
ご訪問ありがとうございました<(_ _)>
こんな感じでブログ書いております。
今後お世話になることもあろうかと思いますのでよろしくお願いします(^^)
お暇な時にはまた遊びに来てください!
コメント蒼海 | URL | 2006-03-15-Wed 22:38 [EDIT]
こんばんわ、リンクありがとうございます。
時間があったのでブログを拝見させていただきました。

管理人さんの意見がまとまった後での書き込みとなりましたが…
私の意見は江原氏に近いものがあります。
あとは、水子を作ってしまった親が責任を感じ、水子霊と言う偶像を作り上げ後悔の対象にしてしまうために必要なもの…なのだと思います。
そう言って水子への供養を行なうことで両親の苦しみが消えるのであればそれは良いことだと思います。
ただ、それを商売にするのは…如何ともしがたいですね。

コメント管理人 | URL | 2006-03-15-Wed 12:55 [EDIT]
このテーマはかなり議論を呼ぶだろうと想定内ではありました(笑)

いろいろな意見が出るのは当然で、みなさんが熱く語って頂けるのは管理人としてもとても嬉しく思います。
各々の考え方をお持ち頂いた中で最後に管理人の意見を述べさせて頂きます。
まず、水子の霊が親に訴えるという考え方は一般的にもそうですが当事者の母親にとってみればとても受け入れ易い話しだと思います。私はそこに落とし穴があるのではと思ったのです。受け入れ易い話しというのは能力のない人が話しても受け入れられてしまう危険性があるからです。

私が考えるところでは、現世に未練を残すということは現世においてそれなりの時間とか経験が伴わなければ起きないと思うんです。生まれてきてない水子の霊はいわば純粋無垢な魂ですから現世に未練を残すような存在ではないということです。
母親に抱いて欲しいという願望は、現世でそういう体験をしたり見たり聞いたりしなければ起きません。
例えば3歳の子供が亡くなった場合ならばそういう願望を残すでしょう!

水子の想いというのを低級霊のしわざだと切り替えるのには抵抗があるかもしれませんが、もう少し考えてみませんか!?
というのが今回の私のテーマだったんです。

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
FC2ブログランキング
人気blogランキング

ここでは押しても無駄です(笑)


今後、取り上げたいテーマがあれば遠慮なく申しつけ下さい(^^)
取り上げるかどうかは分かりませんが・・・(笑)
コメントTAM | URL | 2006-03-15-Wed 08:50 [EDIT]
こんにちは^^

水子に関して凄く色々な経験からの考え方や意見があるんですね。

実際に本当の事というのは1つなのかもしれませんが
人それぞれの人生において学ぶ事はそれぞれ千差万別だと思うので
水子という1つの事柄に関しても
その人その人の人生の中にとって必要な形で
関わって来たり考え方が出来たりするのかな
と見ていて感じました。

どちらにしても水子の祟りがある無いに関わらず
真摯な物事の捉え方が亡くなった人の為にも
なるんでしょうか。
誤解
コメント満月ブルース | URL | 2006-03-15-Wed 07:55 [EDIT]
誤解をうむと申し訳ないので・・・
表現力のなさは私ですからね。
でも・・・いろいろとらえ方があるのですよね。
どれも間違いじゃなくわからない事をわかろうってするから
いろいろ意見が聴けたり発言が出来るのででうれしいです。
piritualnightsさん
コメント満月ブルース | URL | 2006-03-15-Wed 07:52 [EDIT]
piritualnightsさん
私もpiritualnightsさんと同じ感覚です。
表現力の無さを実感じました。(泣)
>かみなり爺 さん
コメント管理人 | URL | 2006-03-15-Wed 01:53 [EDIT]
そんなお褒め頂いて恐縮です(^^;
まだまだブログを初めて間もないのでいつまで続けられるか不安を持ちながら書いています(笑)
彼女の能力がホンモノなのかも模索しながらの毎日です(^^;
それからリンクありがとうございました、こちらもすぐにリンクさせて頂きますので今後ともよろしくお願いします<(_ _)>
>チャンチャンママさん、spiritualnightsさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-15-Wed 01:46 [EDIT]
お二方の考え方は決して間違ってはいないと思います(^^)
解釈の違いであるだけで結論がここで出せる問題ではないですね。
こういういろいろな意見があることを知るだけでも為になりますし、良からぬ輩を見極める知識の一つとなれば幸いだと思っております(^^)v
>くろさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-15-Wed 01:42 [EDIT]
ありがとうございます!
メビウス同盟の皆様のご意見はとても参考になりますのでこれからもどしどしコメントしてください(^^)
水子の定義は私にもはっきり分かりません(^^;あくまで胎児という意味で使わせて頂きました。元禄前に亡くなったという意味と取ればくろさんの仰ることに異論はないです(^^)
はじめまして
コメントかみなり爺 | URL | 2006-03-14-Tue 22:58 [EDIT]
MK10様
はじめまして、メビウス同盟 『真実の眼』 の管理人 かみなり爺 と申します。
TORIHADAの同盟掲示板からリンクしてきました。
全て読ませて頂いて、MK10様の文章構成力や
彼女様の霊能力には感服いたしました。σ(^◇^;)
また、ブログの書き方や文章の構成など色々勉強になりました。

訪問のご挨拶をさせて頂くのと併せて
事後報告となりますが(^^;;;
当方からリンクを張らせて頂きましたので
よろしくお願いいたします。σ(^◇^;)
コメントチャンチャンママ | URL | 2006-03-14-Tue 22:09 [EDIT]
Spiritualnightsさんとほぼ同じことを聞きました。自分では思っても無い事から、そのようなことを教えていただき、知らなかった事とはいえ、申し訳ない気持ちを自分なりに供養する事で、その子を成仏させられたなら、ありがたい事と・・・その後、数ヶ月経った頃聞きましたら、もう、殆んど影も見えなくなっているので、子供も納得できたんだろうという事を聞き、今更ながらに「ゴメンね」と、また、突然の悲しみがそのような事でも襲ってくる事に、知っていなければいけない事も他にも多々あるんだと改めて思った次第です。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2006-03-14-Tue 21:22 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンクありがとうございます
コメントくろ | URL | 2006-03-14-Tue 20:54 [EDIT]
こんばんわ 『彼岸花』のくろです。
この度はリンクして頂きありがとうございました。近いうちにこちらからもリンクをさせて頂きますね。

え…と 今回のテーマですが 私の水子観が皆さんとちょっと違う(?)からかもしれませんが 「水子の祟り」はある意味 ある と思っています。一般の霊が怨霊化するのと同じと考えるならば。
なぜかというと 「水子」とは 元服前に亡くなった子供(15歳未満)のことをさすからです。…これが 自分の家の宗派の考えなのか 一般論なのか ちょっとわかりませんが 私には 決して赤ん坊や胎児だけをさす言葉ではないのです。
なので くろ的には 人に害を為す霊の「霊障」を「祟り」と言うのであれば 「水子の祟り」はありえることになります。
もちろん 皆さんの言うように赤ん坊や胎児であるならば その祟りはないものになります。霊界へそのまま帰ることになる と言う考えは同じですから。
>spiritualnightsさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-14-Tue 20:21 [EDIT]
仰るとおりですね!
霊能力者もたくさんいますからね(^^)
でも不思議なのは、真実は一つのはずなのに様々な見解や解釈があるということです。今の段階ではどれを信じるかということしか言えないわけですね(^^;
どういう解釈があってもいいけど人を騙したりするのだけは良くないですね!(^^)
>管理人さん
コメントspiritualnights | URL | 2006-03-14-Tue 20:12 [EDIT]
正直なところ、まだまだ分からないことばかり・・・ですね。

師も霊能力が発芽して、30年位になるのですが、その経験に則って私達に語って下さいます。ですから、解釈の違いも出てくるはずですし、偏りもあるでしょう!?

色んな経験を集めることが出来れば、正しい解釈がし易いですよね。
これからも皆さんと、喧々諤々意見を出し合っていけたら・・・と思います。
これからも宜しくお願いしますm(_ _)m
>spiritualnightsさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-14-Tue 19:56 [EDIT]
なるほど~そういう意見もあるんですね(^^)
私の調べた内容は、水子の霊は亡くなってすぐに霊界で手厚く育てられるということですので、水子霊自体が現世に未練を残さないというところが根本的に違うようですね。私もまだ理解の途中ですけど・・・結論は死んでからしか分からないでしょう(笑)
水子の祟り
コメントspiritualnights | URL | 2006-03-14-Tue 19:45 [EDIT]
こんばんは。管理人さん&彼女さん!

私の意見は少し違います。
それは、水子の祟りは無いが、親に対する訴えはあるということです。

師から教わったことなんですが、生まれて来なかった水子の魂は成長するというものです。生まれて来なかった水子の魂は、母親を捜し求めます。そして、見つけ出せる子もいれば、そうでない子もいます。
私達にも、各々に精神年齢があるように、魂にも年齢(精神年齢とでも言いましょうか!?)があり、その成長には個人差があります。

子供が流れてから10年経っていれば、必ずしも魂の年齢が10歳とは限りません。3歳位の子もいれば、5歳位の子もいて・・・様々なようです。

運良く母親の元に帰ることが出来た水子は、生まれて来ていた弟や妹が両親から寵愛され育てられるのを見ていれば、しかも、自分の存在が忘れられていたのなら、ヤキモチを焼くのは当然ではないでしょうか!?
自分も、弟や妹みたいに抱いて欲しかった。両親と皆で遊びたかった・・・等々。私を忘れないで欲しい・・・。思い出して欲しい・・・!!と。
その思いが強くなり、両親や、弟、妹に怪我をさせたり、病気にさせたりします。

それが、水子の祟りではなく、水子の訴えなのです。
肉体があっても無くても、人間の魂は、同じなのです。
>チャンチャンママさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-14-Tue 18:23 [EDIT]
閉鎖するんですかぁ~、残念です(^^;開設を待っていますね!
チャンチャンママさんのこのお話しは一般的にすごく共感できると思います。
ただ、霊力の低い人にはその霊がホントに水子なのかが分からないことが問題なんですね~。その霊が全然違う霊だったとしても、悲しみに沈んでる母親がそう信じてしまうのも仕方がないかもしれません(-_-)母親の気持ちをなだめる為の方便なら理解できなくはないですが、水子という存在をでっちあげて母親につけ込もうとする輩をどう見極めるかが問題なんです(^^;
今回の私の話しはとても冷たく感じられるかもしれませんが、どうぞ皆様賢明になってくださいという願いも込められているんです(^^)

>みりんさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-14-Tue 18:09 [EDIT]
子供を失った悲しみは想像以上に大きいものだと思います。
そういう人達にとって水子供養の場が必要だったのでしょうね~。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2006-03-14-Tue 12:08 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントチャンチャンママ | URL | 2006-03-14-Tue 11:04 [EDIT]
まず、報告から。ブログリンクしていただいていましたが、諸事情により閉鎖しました。ありがとうございました。また、開いたときは、ご報告を・・・
水子ですが、ワタシの体験から、祟りなどはないですが、自分の気持ちが沈んでいろんな事で、ネガティブになった時、「母恋し」で、側に出てくるようで。訳も無く涙が出たり・・・普通に話しているのに、突然訳も無く悲しくなり涙ポロポロになり。同時期ぐらいに二人の方に言われました。「お母さんが恋しいから、自分の事を時には思って欲しいから側に来てる」と。自分では、遙か昔の事と忘れていましたが(20年以上前のこと)、水子はそうじゃない!水子に名前を付け、仏さんにゴハンを差し上げるとき、「誰々ちゃんも、どうぞ」と一緒に食べてもらい、子供のおやつなどもたまに供えて上げると喜ぶそうです。このことを教えてもらい、名前を付けて「ゴメンね」って。それからは突然悲しくなるとか、落ち込むことはなくなりました。皆が皆当てはまるかどうかは分かりませんが、父親の方は影響ないみたいですが、母親の方は、突如としてそういうことが起こったりすることもあるようです。
そうだったのか
コメントみりん | URL | 2006-03-14-Tue 10:04 [EDIT]
水子供養が有名な寺が近くにある。すごく盛況だ。それだけココロに苦しみを持っている人がいるのだなぁと思っていました。ちょっとホッとしましあ。
>丹下左膳さん
コメント管理人 | URL | 2006-03-14-Tue 01:37 [EDIT]
リンクありがとうございましたm(__)m
こちらもリンクさせて頂きました。
ご意見ありがとうございました!
神仏が胎児の姿を借り戒めてるというのは充分考えられますね(^^)
今後ともよろしくお願いします。
リンクのご報告に伺いました
コメント丹下左膳 | URL | 2006-03-14-Tue 01:24 [EDIT]
TORIHADA同盟から来ました、丹下左膳です。
この度リンクを貼らせて頂きました。メニューから「リンク集」→「相互リンク」に貼らせて頂きました。

簡単な紹介文を記載しておりますので、まずければダメだしをお願いします。

それと、今回のブログについての意見です。
僕のところにも同様の相談があったのですが、僕も水子の霊は存在しないという考えの持ち主です。
そもそも胎児は堕胎によって、即座に魂は霊界に戻りますから、よほどこの世に生まれてきたいと思う執着がないと水子霊にはなりえないでしょう。

水子の祟りというのも確かに存在するのですが、僕は安易に堕胎を繰返し、胎児の命を奪う男女に神仏が胎児の姿を借り戒めているのだと考えています。
>水産部部長さん
コメント管理人 | URL | 2006-03-13-Mon 22:34 [EDIT]
誰に生まれてきていいよって言われたんですかねぇ?(^^)
2,3歳までの子供ってまだ霊的に近いのかいろいろ視たり聞いたりしますね~。
またまたオーブですか・・・(^^)
あまり気にされなくてもイイですよ~
生まれてきてもいいよ
コメント水産部部長 | URL | 2006-03-13-Mon 22:27 [EDIT]
お久しぶりです。
双子の娘は言葉を話せるようになったときの数ヶ月、よくこんな事を言っていました。
「お腹の中で○○が蹴るので苦しかった。けど、生まれてきてもいいよ。と言われたので生まれてきたんだ。」
確かに彼女らは時々心音が聞こえなくなるなど、親を心配させましたが。

今度は私の頭の上にオーブ出現です。
>トマトさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-13-Mon 22:06 [EDIT]
こんばんはぁ。
私も水子が祟ったり悪さをすることがないという以外は、まだ完全には理解できておりません(^^;
スピリチュアル的に言えば、7ヶ月で産まざるを得なくなったことがノックに気付かなかったのか修行の為だったのかは私には分かりません(^^;
お母様はとても辛かったと思います。
そういう意味では水子供養というのは必要なんでしょう。
トマトさんが弟さんの分まで元気に育ち今現在があることが少なくともお母様にとって救いだったことは想像できます(^^)
こんばんわ~
コメントトマト | URL | 2006-03-13-Mon 21:55 [EDIT]
管理人さん、彼女さん こんばんわ(*^_^*)

水子の祟り ってよく聞きますね。
私も水子=祟り、恐い って思っていました。

実は、私には生きていれば2つ下の弟が居たんだす。
母が妊娠7ヶ月の時に生まれたんですが、
当時は今ほど未熟児に対する医療が発達していなくて、
生まれて数時間で亡くなったそうです。

母はお腹の子のノックに気づかなかった って
事になるのでしょうか?

母親となった今、母の辛かった気持ちはとても分かります。

>水子の供養というのは 親の念を断ち切るという意味なんですね
母は亡くなった息子に対して、親の念を断ち切る事が出来たのでしょうか?
母にはなんとなく聞きにくく、今も聞いた事がないんですよね。。。
>満月ブルースさん
コメント管理人 | URL | 2006-03-13-Mon 21:54 [EDIT]
私も少し前まではそのように考えてたんですよ~(^^;
今回の話しは生命を否定してるわけでもありませんし、中絶を肯定してるわけでもありません。
水子の霊が憑いていると言って多額のお金を奪う輩がいるから敢えてこれを題材に取り上げたんです。
何が人間のエゴになるのか分かりませんが、丹波さん・小池さん・江原さんがエゴでこのようなことを仰ってるとは私には思えません。
そもそもこの話しはスピリチュアルな話しで子が親を選ぶ、宿命は決まっている・・・という観点ですので(^^;
今回の話しにはいろいろ意見はあると思っております(^^)
水子
コメント満月ブルース | URL | 2006-03-13-Mon 21:38 [EDIT]
水子の祟りってのはどうか?
祟りってより認めて欲しいに近いっと思うけど!
私個人的には今回の話しは意見がまったく違います。
霊的・スピリチュアル的にはまったくわかりませんが・・・
私は生きてる人間のエゴにしか聞こえません。
生命ありもの意味や意思はあるのでは?
水子という恐怖心を煽ってお金を取るという輩には気を付けましょう!
ってのはなくはないと思うけどね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 私の彼女は霊媒体質!?+ shisutaブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。