不思議な体験からスピリチュアルな世界へ(^^)/
私の彼女は霊媒体質!?+ shisutaブログ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
人気blogランキングでは何位だろう?
FC2ブログランキングでは何位だろう?

ページトップへ
Vol.9悪魔の心を持つ女・・・愛をください
2007-09-07-Fri  CATEGORY: 未分類

連載の「悪魔の心を持つ女・・」は・・・記事下のここ!ここから続きをどうぞ!(^^) をクリックで始まります。最初から読んで頂ける方はカテゴリーの「考えさせられたんだよ」から入れます?(^▽^)/



台風・・関東圏のみなさん大丈夫だったかな?。

さて・・私のお仕事はサービス業。お客様あってのお仕事です。
当然お客様との会話は必須で・・・丁寧語を上手に操りながら軽快にお話しします。
その時も楽しく会話が弾み・・私はお客様に同意しようと・・






「そうですか。(^^)」   と言うつもりが












「そうでござるか(^^)」



ガーン!( ̄□ ̄;)!!ゴーン!(; ̄□ ̄;)!!ギーン!(; ̄□ ̄;)!



お互いにビックリしてしまった。侍かて・・・( ̄▽ ̄;)!!お客様と大笑いした瞬間だった。最近特に口と頭と行動がバラバラで・・まいっちんぐ!(超なつかしいメ?ン)(メーンは練馬のラッパー達の言葉)
前回のお話
時間も延長されて出棺も遅れ遅れ・・・・そこに・・・・・・・・・





低く落ち着いたソフトな声・・・

「もう・・いい加減稔君の葬儀に戻ってくれませんか?稔君は今1人棺桶にいるんですよ。いい加減彼の方を向いてあげましょうよ。もういい加減・・・。」


そう言うとその人は彼の顔を触り・・

「今までありがとう。今は大丈夫なのか?これが君の望んだ結果だったのか?

shisutaが世話になったな?。君がいてくれなかったら今のshisutaはないんだよな?。オレももっと話せばよかったな?。中学の時の事思出すな?。ホント・・ありがとう。ありがとうな?」


その人は・・私の恋人だった。彼は・・以前も書いたけど・・なんでか・・場を治める天才なのだ。その場の空気がすっと柔らかいものへと変わっていく。

穏やかな空気へ・・ふと・・変わる。不思議な人なのだ。

近親者もやっと我に返り稔の元へと戻ってきた。さゆりは逃げるどころか・・稔に

「もっと旅行とかしたかったね。ありがとう。さゆり・・忘れないよ」


と話しかけていた。私は・・すぐに忘れてしまうのでは・・・と思った横で女友達が

「あんたなんかすぐ忘れるでしょ!嘘ばっかりつくな!白々しい演技!この悪魔!」


私は女友達にイライラして

「あんたさ・・いい加減にしなよ!少しは胸にしまうことを考えなさいよ!」


するとさゆりが

「本当に見苦しい。場を考えたら?頭悪そ。」


女友達が鬼のような顔をしてさゆりの方へ進もうとしたとき私の恋人が

「いい加減にしろよ。shisutaも」


そう言うと恋人は女友達のところへ行き何か話をしていた。女友達が泣き出し恋人は女友達を抱きしめていた。これでやっと・・・・。私は本当に安心した。

そこからは平穏に事が運び静かにお葬式は済んだ。今思い出してもこんなお葬式は経験したことはない。


その後・・・・




私は女友達ととことん話し合いをした。・・彼女が言うには・・

感情的になってしまう性格は・・女故だそうで女なら多かれ少なかれ感情優先は当たり前でこれは普通。要は・・私が男っぽくて私が女じゃないと言われた。
ま????あながち間違ってないな。

過去友人は・・ちょっとこの性格故にトラブルが多々あってあまり良い噂は聞いたことがないけど・・今は連絡もしていないしどこにいるのかも知らない。

稔のお母さんや弟さんには・・・全てを話した。

「確かに彼女が引き金になったのかもしれないけれど・・原因はもっと別のところでだったと私は思いました。一気になったわけでなく積み重ねというか徐々にだと思います。

稔君は父親を亡くしたとき・・本当は泣きたかったらしいですよ。でもお母さんも弟も泣いていて自分はお兄ちゃんなんだから泣くわけにはいかん。と思ったらしく・・」



「え!そんなこと・・望んでなかったのに。。あの子ったら・・私達のせいってことなの?」


「ちがいますよ。お母さんや弟さんの為ですよ。「せい」じゃなくて「ため」ですよ。好きだからこその思いやりですよ。私ね・・その気持ちとてもわかるんですよ。私もそんな体験してますから。」


「shisutaちゃんも?子供の頃?聞かせてもらえる?」




「ちょっと長くなってしまいますよ。すみません。

家は私が1歳になる前に第1の離婚が起こり新しい父と母親は遠く県外に行っていたんですよ。母も大変だったと思います。幼稚園の年長の時・・夏休みを利用して祖母と姉と叔母と会いに行ったことがあるんです・・散々遊んで・・帰りの時間になって新幹線のホームで・・姉が母に帰りたくないってワーワー泣き出して・・母から離れないんですよね。私にはわかったんですよ。母も離れたくないないんだな。なんかかわいそうだな・・って・・母も辛い思いしてるんだな・・って。

私はわざとおどけたんです。とても明るく騒いんだんです。もちろん私も悲しかったですし寂しかったです。

今もその時の写真あるんですけど姉は泣いた後でしょぼくれて私は大笑いしています。後でね・・母が写真をまとめてアルバム作ってくれたんですよ。

母のコメントの内容は



「お母さんも離れたくなかった。●●(姉)は辛かったね。shisutaはまだ小さいからこんなにふざけて別れがわかってないんだね。」


って書いてありました。その時に・・あ・・子供の心は親には通じないものなんだなって思いました。案外親子ってそういったものじゃないですかね?。親子って言ったってお互いに愛情はあっても気持ちまではわからないと私は思います。

私は子供心にあそこで自分まで泣いたら母がかわいそうな気がして・・・
これから一緒に帰る祖母も大変だろうな?って・・姉も笑うかな?と考えてしまって泣くのはやめて笑ったんですよね。そりゃ?泣きたかったですよね。でもね・・泣けないんですよ。性格ですよね。年長の時この行動でアルバムの母の言葉を見たのが小学三年の時・・結果を目の当たりにしたんですが・・私はよく笑って自分の気持ちをほとんど表に出さない気を遣う子供だったのでね。(笑)でも気を遣ってる風には見えなかったですよ。大人って簡単にだませましたよ。きっと子供の頃にこんな風に思ってた子供案外いると思いますよ。
意外と親が思っている以上に大人な子供っているんですよ。気遣いする子って多いと思います。
稔君も気を遣うし自分から出ていくタイプでないし・・似たところが多々あったんです・・私達。

・・それから一生懸命頑張ってきたのだと思います。中学の時も高校の時も色んな事で彼は我慢強く我慢して我慢して我慢しすぎて・・自分の感情が・・壊れてしまったと思いますよ。
寂しくて寂しくて誰でもいいからそばに居て欲しいってなり・・彼女に依存してしまったのだと思います。甘えることが苦手だったというところも私と似ているんですよ。でもね・・彼は誰も責めてないですよ。きっと。

大丈夫ですよ。最後に会った時彼は最高の笑顔でした。あれは忘れません。それに・・彼が最後にしたことは・・・お母さんと弟さんとの・・家族との食事じゃないですか。お母さん・・彼は幸せだったって言ってましたよ。」



涙ぐみながら・・お母さんは話し出した。<つづく>
スポンサーサイト

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
人気blogランキングでは何位だろう?
FC2ブログランキングでは何位だろう?

ページトップへ  トラックバック0 コメント19
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント9ー12shisuta | URL | 2007-09-12-Wed 21:46 [EDIT]
v-32三符ちゃん
なんで毎日毎日言い間違えが多いのか・・。頭が痛くなる(ーー;)
笑ってくれてありがとう。
お~~~~~!三符ちゃんのコメント読んで初めて思った。そうか!私はそんな扱いだったのか・・アハハハ!おめでたい人間だ!
三符ちゃんの周りにもいたのね。案外いるよね。家の中にもいます(笑)
も~~~~三符ちゃん褒めすぎだって~!ヽ(*^^*)ノ私なんてただボ~~~~っとしとるだけなんだわ。
んでもってマジで色気なしよ~(^▽^ケケケ占いでもしっかり出てるんだわって占いマニアだよ。私そのうち占い師になるからよろしく!
子供って賢いよね~。(^^)ニコありがとう。
v-32/09/10 18:00 の秘密さんへ
ちょっと~どんだけ~(^▽^ケケケ心から感謝。ここに来てくれてる方達にはメチャお世話になってるし教えられてるんだよね。
私は本当に幸せ者だよ。んでもね・・・秘密さん所のブログのみなさんも同じだよ。私も秘密さんに愛があります(^^)ニコI love youv-238
v-32ボル君と兄ちゃん
ウハハハハ!家のお母さんと同じだって~ヽ(*^^*)ノ家の母も歯医者で「はい」を「へい」と言ったり「です」を「だす」と言って医院長に笑われていたよ。そこで私も働いていたからさ(^▽^ケケケ
兄ちゃんは子どもの頃からたくさんの経験をしてるんだね。尊敬だなー。親に心配かけないように子供心にめちゃくちゃがんばっていたんだね。そんな子どもの心を親は知っていたのか・・。知っていても気が付かないふりをしていたかも???だって子育てって大変だから手の掛からない子供に親は甘えるところがあると私は思うから。兄ちゃんは真面目な話が似合うよ。真面目な話のが似合うって私は思うな。いつもありがとう

コメントボル(代筆 兄ちゃん) | URL | 2007-09-10-Mon 22:50 [EDIT]
兄「ははは…。
  そこまではっきりとした言い間違いではないけど、
  『はい』と言う所を、
  『へい』と言ってしまう事は良くあります。
  八っつぁん、熊さんじゃあるまいし…。」

ボ「台風は、寝て起きたら遠ざかってました。
  ニュースを見ると、被害は大きそうですね。」

兄「子供の頃。
  状況は違えど、確かにそんな事考えてましたね。
  ワシ、一番上だから余計におちゃらけてたかな…。
  やっぱり親と言えど、別の人間だから、
  どう思ってそうしてるのかなんて判ってないんですよね。
  子供の時はそれが悲しかったし寂しかったけど、
  『どうして?』なんて聞かれても、
  そこまで小さいながらに長い時間色々思ってきた事を、
  子供が上手く話せるはずも無く、
  黙ってしまって、余計怒らせたりして…。
  それが、前記事のコメントでの、
  『判り合えるはずが無い』って考えの、
  最初だったかもしれません。」

ボ「何やら真面目な話になってますか?」
兄「似合わねぇか。」
ボ「そうですね。」
兄「ま、色々あるでござるよ。」
ボ「そうでござるか。」
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2007-09-10-Mon 18:00 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント三符 | URL | 2007-09-10-Mon 17:45 [EDIT]
そうでござるか・・って(・_・)
なぜ~~!(*≧∀≦)ノ彡☆バンバン!!
いつも楽しい笑いをありがとうございます♪
お友達とさゆり・・
この場合に限ってはどっちもどっちのように思います。
>私が男っぽくて私が女じゃないと言われた
過去の事なのにすいませんが・・
自分を正当化するために友人を傷つける人に
真面目に付き合って・・shisutaさんてば本当にもう!!ヽ(T皿T)ノ
いや・・いましたけどねワタシの周りにも
shisutaさんは女性らしいというより
母性が豊かな人・・だと思います。
江原さんが美輪さんを「母性の塊り」(うろ覚え)といわれたことがあって
ワタシの中でそのイメージに近いです。
美輪さんは男性は女々しくて女性は漢だ!っていわれますもんね
ワタシも以前shisutaさんを漢らしい!(笑
とかコメントしたことありましたが・・(爆
それは生きる事に対しての潔よいから。
男性・女性でなく、人としてかっこいいと思ってます。
子供は演技しますよね(*^ー^*)ワタシもしてました(笑
稔さんは純粋で、優しすぎたんですね・・
NOBさんへ
コメント9ー10shisuta | URL | 2007-09-10-Mon 14:41 [EDIT]
v-32本当にご無沙汰で生きておられましたねヽ(*^^*)ノよかった!!
時間のないときはお互い様でコメントまで書けなくも大丈夫ですよ。
なんだか人間らしい生活を堪能していたみたいですね。辛く悲しいことが生きてると多々あると思います。そんでもなんとかお互い知恵を使って生きていきましょう~。私もなんだか最近大変です。はい(ーー;)
連載読んでいただいてありがとう。わざとおどける気持ちわかってもらえましたか。
よかった。NOBさんも経験者ですか。こどもなりの知恵の使い方なんですよね。これって!親の心も子の心も近すぎて見えなかったりってあると思います。そして親になった時に初めてわかる親の気持ちってあると思います。やっぱりお互いの立場を経験してわかることって多いですよね。だから今はまだわからなくてもいいんじゃないですか。(^^)ニコ子供って感性するどいしバカでないから親の気持ちはかなり察していると思います。(^^)
親が年をとったって分かった時の気持ち・・なんとも言えないものがありますよね。NOBさんももう痛感してますよね。きっと!
いつまでも元気じゃないですものね。親は。子供だって自分の子供だからって後に亡くなるとは限らないし時間を大切に愛を育みたいです。私もね!!
ダーリン昨日は朝から行方不明で夜中の1時近くに帰宅です(笑)彼は瞬間湯沸かし器みたいなところがあって「カッ!」となるともうダメですね。いなくなります(笑)
私がね・・書いたとおり・・図星をストレートに突くのでプライドが傷付くんですよね。
彼が何を言えば怒るかは分かりますがね・・時にこちらも我慢ならないときがあるんですよね。世話女房・・きゃ~。。。なんか演歌の世界でいい感じ。そういった面もありますが・・私は時に辛辣です!かなりド級なものを撃ち込んで相手のダメージをかなりのものにするのです。(^^ゞだから・・きつい!ってよく言われてきました。我慢し続けてからズバッと言うとかなり印象に残るんでしょうね。アハハハ。まいったまいった。ありがとう

コメントNOB | URL | 2007-09-10-Mon 06:15 [EDIT]
またまたホントにごぶさたですみません。
う~む。なんかいろいろありまして。
人生は悲しくて厳しいなぁ(^▽^;
連載、全部読ませていただいております。なんだかねいろんな感情がわいてきて涙も出そうになるけど。
今回のshisutaさんがわざとおどけたというところ、わかるなぁ私もやったなぁと。。。
ウチの場合はそんな複雑な事情ではないですけれど。
親子故にわかり合えなかったり、誤解していたりというコトって、ホントにありますよね。でも自分自身が仮にも人の親となっている現在、自分の子供たちともそういう部分が少なからずあるのだとも。
本当に自分の子供のことは愛しているつもりだけれども、それがちゃんと伝わっているのかは全く手探りだし、子供は子供で自分が思っているよりもずっとしっかりとしているのかもしれない。難しいな。
自分のこういう感情も、子供たちが人の親になった時に理解できるものなのか、また苦しむことになるのかというのは、確認する術もないのかもしれないけれども、それでもそうして人の世は続いていくのですね。
うーん、何を書いているのかわからなくなってきたぞ(*´∇`*)
稔くんは今は安らぎを得ることができているのかな。。。
ところで、ダーリンさん、家出中なんですか。
shisutaさんってワガママというんじゃなくて、ホントに出来た世話女房って感じもするんだけどな~。(^_^;
いつも考えさせられる話をありがとう。
かんちゃんへ
コメント9-9shisuta | URL | 2007-09-09-Sun 23:11 [EDIT]
v-33元々難しい者同士だからね~。(笑)ワガママな二人なんよ。
いやいや温かいなんて・・とんでもない。かんちゃんのが温かいと私は思うよ。
フラッシュバックしながら薄らぐのか。そうか・・私も変な記憶が多々あるのよ。
有閑倶楽部やるの~~~!!知ってる知ってるヽ(*^^*)ノ大好きよ!!
ゆうりのファンだよ(^^)ニコ
私の好きな漫画よ~。
川原泉と佐々木倫子のマンガ全般も大好きよ~ヽ(*^^*)ノうれしくて即返してしまった。ありがとう

コメントかん | URL | 2007-09-09-Sun 22:52 [EDIT]
コメント返してすいまそん。
亭主元気(怒って)で留守が良い状態ですやん!
あたたかいコメントありがとさんです。いや~、思えばみんな成長しました。(遅い?)でもめっけもんかな。うちも鼻血こそでませんが、ボコられてました。端から見たら、大したこと無かったかもしれませんが、自分にとっては印象強かったかな。あんまり引きずりたくはないですが。河合隼雄さんの著書によれば、フラッシュバックありつつ徐々に薄らいでいくとか。。。確かに。
まちこせんせい放送禁止?今のドラマの方が過激な気もするけど。。。次クールのドラマは有閑倶楽部やるそうな(シスタッチ知ってそうな気がして)
コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント9−9shisuta | URL | 2007-09-09-Sun 21:23 [EDIT]
v-32カインちゃん
何言ってござる?(笑)兄弟間の繋がりがというか絆が強かったんだね。家は姉がいたから私は大分助かったところも多いと思う。けど姉にしてみたら色んな面で大変だったみたいね~。私と姉は意志の疎通がなかなか出来ないからそう仲良くない。あまりひっつく人達でないし・・個人主義かな。
え!お父さんに会ってないの?私の知り合いも親の離婚から1度も父親に会っていないと言っていたけど・・・それでいいならいいんだ~。私は血の繋がりの父は死んでしまったけど2番目の父には3年位前までは会っていたよ。向こうの事情でもう会えないけどね。
色々あったと言えばそうだけど色々あっての人生だからさ。んでもこの離婚は母の人生でもあるからね~。それに私が乗ってるだけっていう思いもあるんだ~。私は私の人生を自分で歩いてる。案外自分の人生だって自覚してから自分でやってきたことのが大いに波乱で私って不器用だな~って思ってきたよ。経験から学ぶ愚か者よ。(笑)
子供とて1人の人間だし・・親だからすべてわかることはないんだから今そうやって子供のこと真剣に思って考えてるんだからカインちゃんとこは大丈夫だと私は思うよ。
会話を作ろうって努力して同じ趣味をもってがんばってるじゃん!カインちゃんは!!
大丈夫。しっかり息子さんに伝わってるさ。ヽ(*^^*)ノ息子さん大切にね。
稔はきっと今を見てるだろうね。ありがとう
v-32けんねるさん
ホントは欲しかったってことですか?それとも本当に欲しくなかったことですか?自分ではどうだったんですかね~?子供の頃の体験は後にやっぱり影響ありますから。
私は欲しいものがなくて欲しがらなかったんですよね。でも姉が欲しがりマンでそれはすごくてね・・(^^ゞけんねるさんとことここは同じ。仕方なく私も買わされたんだよね。面倒くさいなって思ったんだわ。
ねだったことがないっていう所に問題あったんだろうね。要は一般的な成長でないってことだからさ・・遅くに反抗期が来るタイプになってしまわなかった?私・・反抗期なかったから(笑)ダーリンもね・・私の知り合いも・・んで・・皆同じ。遅くに反抗期よ。(笑)こんな年齢に反抗期?みたいなね~(^^ゞ
そうそう。大人が思ってる以上に子供は色々感じてるって事だと思うよ。けんねるさん時間は流れてるから心身が様々な呪縛から解放される日を私も願ってます!身体を大切にね!ありがとう
v-32記号士さん
はい・・骨抜きになりそうでした。もうね・・私は取り憑かれているんじゃないかって思うほど変な言葉を口から発します!
何か良い薬ないですか?ありがとう

コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント9-9shisuta | URL | 2007-09-09-Sun 20:58 [EDIT]
v-321.2のかんちゃん
また喧嘩したよ(笑)案の定彼は家出中。朝から行方不明(^▽^ケケケよく怒る人だよ。私の言葉がカンに触るらしい。図星だからね。ストレートに直球行くから腹が立つのだろうね。
お父さんが先にか~。そりゃ・・・・冷静になるかも。んでもお父さんもかんちゃんもお母さんにもう一人のお兄ちゃんも・・みんな心が痛かっただろうな~。私にはわからないことだけどよく乗り越えてきたな~。かんちゃんがんばって生きていこうね・・・私たちさ!
辛いことや悲しいことも多いけどなんとか頑張ろうね。最近なんてイヤなことがあると寝るという術を身につけているから結構ラクかな。精神科の先生がとにかく寝なさいって言ってたのを思いだしたんよ~。子供から見ると大人はだませたんだよね~。そういう環境だッたんだろうな~。大人から虐待されたことはないから幸せだったな~。おばあちゃんは半分虐待に近かったかな。ものすごい殴られたもんな~。並の殴り方じゃなかったかな。鼻血とかよく出たしね~(笑)恐ろしいオババだったかも。
さゆりは・・ちょっと真剣に怖いよ。それしか言いようがないんだよね。
練馬のラッパーは超ウケたよね!なんであの人は三つ編みだったんだろう。なんか最高だったよね。「メーン」がさ。
まいっちんぐはまちこ先生(笑)あれって放送禁止になったんだよね~。ありがとう
v-32満月ブルース さん
台風大丈夫だったかな?
子供の頃って純粋な分感じやすくて素直なんだよね。でも大人になるにつれ純粋さが消えて段々カンが鈍って経験でそれを補っていくのだと私は思ってる。これがさ・・60代も後半になるとまた純粋になっていくんじゃないかな~。一回りするのが60歳だよね。還暦だものね。
38歳でお父さんか・・・。私の子どもの頃38歳っていうとかなりおじさんのイメージがあったけど実際私は来年38歳。なんだか気持ちが追いつかないよ。困ったもんだ。
うわべだけ・・・・今の家族ってそれもあるかも。携帯とかパソとか個人主義になってるからね。難しいところあるんだろうな。
稔ね・・心配かけたくないから相談しない・・だったんだ。うんうん。わかるよね。その気持ち。私もわかるんだ~。満月さん娘さん大切にね!ヽ(*^^*)ノありがとう

コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント9−9shisuta | URL | 2007-09-09-Sun 19:16 [EDIT]
v-32フリークスさん
そうなんですよね。
たら・・れば・・もし・・って言葉は考え出したらきりがなくて・・・思考の渦にハマッてしまいます。
さゆりはようわからんのですが・・感情的な元友人や稔や恋人や母や弟の気持ちは近づくことができるんですよね。
さゆり・・・この人は本当にわからない。気持ちを覗いても何もなかったんですよ。見事に何もない。考えがないというのか・・・なんか・・こんな後にも先にもこの人だけですね。だって気持ちがないんですよ。あり得ない。
確かに無念極まりないですよ!ありがとう
v-32蛹くん
本当の所で完璧に理解しあうっていうのは稀かもしれないですね。この世に親友と呼べる人と出会えるのも極めて稀だと本で読んだことありますし・・親子ってね・・親と子という肩書きがあるからこそ見えない所も出てくるんだろうね。夫婦だって理解し合うなんて至難の業だと私思うよ。
他人を理解するのは並みではないよね。近くまでは行けると思うけどさ。
同感よ。純粋な分子供のが見てるところあると思うよ。
純粋なところが消えてしまうから大人は経験でカバーするんだと私は思うんだ~。
大人もいて子供いて・・この世がこれから良い世界になるといいのだけどね。ありがとう

コメント記号士 | URL | 2007-09-09-Sun 12:03 [EDIT]
緊迫した場所で「そうでござるか」はいい感じに肩の力が抜けていいかも!w
・・体の力ごと抜けそうな気もしますがw
コメントけんねる  | URL | 2007-09-08-Sat 20:38 [EDIT]
僕はデパートなどに連れて行ってもらっても、おもちゃをショーケースの外からジーっと観察しているだけで満足してしまって、結局欲しがらなかったそうです。兄弟はなんやかんやと買ってもらっていて、オモチャ箱がありましたからね。
でも、僕にはありませんでした。
何でか分からなかったのですが、不器用な自分は、知らず知らずの内に親の懐具合を気にして遠慮していたんだと確信できました。
着る物もねだったことがありませんでした。
なので、いまだにビンボー臭い性格です。
物持ち良いし。
残念ながらこの精神を婆ちゃんから引き継いだのは僕だけのようです。
他の兄弟は、見栄っ張りの常識知らずで、カッコだけつける薄っぺらい人達になってしまいました。 ま、いいんですけど。
shisutaさんのお話を読んで強く確信しました。
大人が思うよりも深く考える子供はいっぱいいるんだなぁと。
ありがとうございます。
なるほどでござる(爆)
コメントカイン | URL | 2007-09-08-Sat 17:08 [EDIT]
子供の感情かぁ。私も親が離婚した口だけど、親の前では泣けなかった。弟の顔を見た瞬間、涙が止まらなくて、、、泣いたなぁ。
それ以来泣いてない。父親から離れ母親についていったけど、父親には1度もあってないんだな。もう、、会えない、、かなぁ。
shisutaちゃんもいろいろあったのね。大変な経験だけど、これって身になってるよね。
子供いるけど、どんな感情を持ってるんだろう。私自身子供っぽいタイプだったので、自分の子供の考えは分かると思っているけど、分かってない部分も多々あるんだろうな。
なんとかね、会話のある親子でいるように努力はしてるの。小さい頃から話が出来ない頃からなんでも話しかけてきたから、、、。これから思春期を迎えたときにどこまで話をしてくれるかな。。
子供の友人らを見てもちょっと違う子供もいるんだよね。本来なら親が教えるべき事を知らなかったり。。。
稔君の優しさが悪い方向へいってしまったのは残念だけど、優しい人ほど傷つきやすくて我慢しやすいのよね。。
傷ついた事がある人は痛みを知ってるし。。
今は稔君の冥福を祈るばかりです。
コメント満月ブルース | URL | 2007-09-08-Sat 10:29 [EDIT]
子供の頃の方がいろいろな感情をもっていたと思う
大人になるにつれて鈍感に回りに合わせる事になれて
ただ生きて行くって事では経験がものを言うけど・・・
動物的な感?感情は子供の頃がある。
だから大人が感じない?解ろうとしない?
子供の気持ちや合図をみをとしちゃうんです。
大人はうわべしか見れなくなってる。。。。
でもそれもしょうがない部分かもしれんない。
だって今、38歳で親父やってるけど???
今の子供達の考えはわからない部分がかなりある。
俺は一応子供と会話も出掛けもたくさんする!!
それでもなんだから会話のしない家族だともっと理解できないでしょう。
それこそうわべだけの家族も増えてるでしょう。
稔さんは今が限界だったんだろうね。
でも家族を大切にしてたのもわかる!!
だから相談出来なかったんだろうね。
本人しかわからないけどたくさん背負ってたんだろう。
コメントかん | URL | 2007-09-08-Sat 09:41 [EDIT]
あ、一言忘れた。まいっちんぐて。。。なつかしすぎるメ~ン!
コメントかん | URL | 2007-09-08-Sat 09:39 [EDIT]
そうでござるかって。ばざーるでござーるかい!
さてさて、本文ですが、女友達は、トラブルを呼ぶ女だなあ。。。さゆりのほうが上手だと思うけど。感情で生きるって、そうかもだけど、人によって度合いはちがうやろ~。さゆりも挑発するな~!その場にシスタッチの恋人がいててよかったよ。
なんか、稔やシスタッチの経験、わかります。家の場合は父が先に泣いたので(爆)
大人って簡単にだませた。。。わかる!私今の方が人をだませません。甘えるのが苦手というのもすげ~わかる。しかし私は自身のあまりの鈍くささに、見てられず手助けしてくれる人たちが周りにいたので(大阪だからか?)そういうのはすくわれた気がします。いまだに自身の強くて弱いところに疲れますが。みんなそうなんだろうな。。
練馬のラッパーまじでうけた。メ~ン、てたまに発音がメン!とか言ってて、ラーメンのメニュかよと思った「チャーシューメン!」とかね。剛うまかったね~!ソウルを感じた。
あっちの返事はいらんからね~。勝手に送ってるだけやし(笑)ちょっと洗濯の様子見てくるメ~ン!
コメント | URL | 2007-09-08-Sat 02:10 [EDIT]
いくら親でもやっぱり別の人間なので理解し合うのは難しいですね。「お互いに近い関係だから理解し合える」というのは幻想だと思います。皆それぞれ自分だけの領域がありますからね。
大人って案外簡単に騙せますね。これは僕も思ってました。大人がそれだけ子供を甘く見ているということだと思います。大人は自分たちの方が経験があると思ってふんぞり返っていますが、経験の少ない子供の方が物事をよく解っていることだってありますよね。物事の理解度と経験の多さって直接は関係ないんだと思います。
つながってきましたね。
コメントフリークス | URL | 2007-09-08-Sat 01:00 [EDIT]
何ていうか彼の気持ちも、
shisutaさんの言ってる事も、
全部理解できますねぇ・・。
おしむらくは恋人が。
「さゆり」じゃなければ。あるいは・・・。
そんな事を考えてしまいますね。
しかし、彼は限界だったんでしょうねぇ。
純粋で優しくて。
それ故に、徐々に傷が深まって・・。
相手が違っても失恋をした時点で、
同じ結果がでたのかもしれないし、
そうで無かったかもしれない。
今となっては答えすら出ないですし。
無念極まりないですねぇ。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 私の彼女は霊媒体質!?+ shisutaブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。