不思議な体験からスピリチュアルな世界へ(^^)/
私の彼女は霊媒体質!?+ shisutaブログ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
人気blogランキングでは何位だろう?
FC2ブログランキングでは何位だろう?

ページトップへ
Vol.6悪魔の心を持つ女・・愛をください
2007-08-30-Thu  CATEGORY: 未分類

連載の「悪魔の心を持つ女・・」は・・・記事下のここ!ここから続きをどうぞ!(^^) をクリックで始まります。最初から読んで頂ける方はカテゴリーの「考えさせられたんだよ」から入れます?(^▽^)/



人にはそれぞれ秘密があり・・秘密のない人間はいないのではないか・・と思う。

子ども(小学生まで)の頃・・秘密を共有するとその人と親密になったような気がしたこともあった。でも・・成長していくにつれ・・・自分の秘密も人の秘密も言いたくなければ聞きたくないという風な気持ちに変化していった。

大人になるにつれ・・秘密の種類も当然変わるからでもあり・・・

人へ話してしまうと・・その時点でそのことを相手にも背負わせてしまうことになる。

それは相手への負担ではないか?と中学生の頃に気が付き始めた。

秘密と言っても中学生の頃なんて女の子同士は大概・・嫌いな友人の話。それを仲間で言い合っていれば一層絆が強くなるというそんなこと。

私はそれもかなり嫌いでクラスの女の子と一切連(つる)まなかった。広く浅くの付き合いで決して人には本心を見せなかった。

多分・・・裏切られるのがイヤだから自分から防衛していたのだろう。

それだから余計・・異性と付き合うことがラクだったのだろうな?。
意味わからない?・・・アハハ!ヽ(*^^*)ノイインダ!イインダ!

今は・・話すときもあるかな。稀に・・・(^^ゞ

物語は下からです!新管理画面なんでね・・色は全て手作業なんだよね。結局。
前回のお話
その時・・さっき蹴りを入れた男が私に謝ってきたのだ。


恋人は温厚でソフトで何でもまるく治める天才なのだ。

「またその口の上手さで丸め込んだのか?イヤな奴だな!(笑)」


「アハハハ?そうそう。口が上手いだろ。才能だ。大丈夫か?」

「うん。大丈夫。こんなん全く大したことないわ?。アハハハ!相変わらず穏やかだね?。その穏やかな口調を聞いてるだけでいいわ」


「人は自分にないものを欲しがるものだよ。オレもね!アハハハ。だからshisutaはそのままでいいよ。そのままがいいよ。」

私は恋人のそんなところをとても尊敬していた。不思議なオーラがありこの人には誰も刃向かっていくことはなかった。そしてとにかく人に好かれていた。人だけでなく動物や植物・・命あるものに愛されていた。どれだけ怒っている人でもこの人と話すとすぐに穏やかになる。首を傾げてしまうほど不思議な魅力に包まれていた。

こんなだったから・・早くあっちの世界へ引っ越してしまったのだろう。神様が欲しがったんだろうな?って思っている。

毎日病院へ行った。稔は私とも話そうとはしなくなっていった・・・。毎日遠い目をしていた。
傷の状態が大分治ってきたので・・その日から精神病棟へ移棟することになったのだが・・彼がどうしても家へ帰りたいと医師に訴えた為 数時間の日帰りで帰っても良いと・・言うことになった。

私も彼の家に様子を見に行った。恋人も稔を知っているので一緒に遊びに行った。彼は・・相変わらず無言ではあったが・・・

彼は私に涙を見せたのだった。

自分で流しているのを自覚しているのだろうか。私は何も言わず友人の涙をハンカチで拭いた。恋人も何も言わず寄り添い彼の背中をさすっていた。

稔は「ありがとう。ありがとう。・・・・なくなりたいよ」

と小さな声で言ったのでこれはダメだ!と思った。しかし稔は母親の前では
少し元気な感じを演じている。稔は夜の8時に病院へ戻るが私は7時にどうしてもは外せない用事が隣の市にあり行かなければならない。
稔に

「稔・・いい?私はね・・そんな良い人間じゃないんだよ。失敗も多いし自信もない。我欲もあるし。家の家族だって知ってるでしょ。グチャグチャだよ。全て親の都合で大学に行けなかったし・・お母は肝心な時に家出して居なかったしさ。何回家出したかわからんじゃん。子供の頃だって・・私かなりひねていたよ。両親と暮らした記憶はほとんどないしさ。んだで今1人暮らししてるわけなんだし。友達も多いとは自分では思っていない。それに友達が多いのが偉いなんてことは全くない。
私は逆に1人でも生きていけるような自立した人間になりたいって思っている。だから私はなんら特別なもんでもない」


少しは負担が減るのならという思いと私自身努力してるとこもあるのだよという自分の欲求を押しつけてしまうようなことをしてしまった。

「うん。知っていたんだよね。ボク。わかっているよ。覚えていてくれてありがとう。ボクが言ったことなんて誰も聞いてくれていないと思っていたから。」


「話はきちんと聞きたいって中学の時から思っているし・・稔のことは心から友達って思っているさ。なんでもかんでも稔は心にしまい込むからさ。もっと聞かせて欲しいんだよ。本当は。」


「shisuちゃんありがとう。shisuちゃんに出会えてボクは本当に良かったって思ってる。この先もそう思ってるよ。ずっとね。恋愛感情じゃないけどね。」


「あ?ふられたんだね。私?」


そんな冗談を言っていた。稔と別れるとき

「じゃ?明日病院で!」

「shisuちゃん・・もういいよ。大丈夫だから。ゆっくりしてよ。」

「病人が気を遣うな!治ったらお礼してもらうから。じゃ!」

「うん。shisuちゃん・・ありがとう。」

稔はとても嬉しそうに笑った。友人宅を出るとき・・母親に

「まだ・・かなり不安定ですよ。」


とだけは言っておいた。母親は私の手を握りしめ

「shisuちゃんありがとう」


と言った。

「御礼なんて言わないでください。私は何にもしてないんですよ。お母さん・・大丈夫ですか?」


母親は涙を流していた。

友人宅を出たのが午後6時30分くらい。母親がすぐに様子を見に行ったのが6時30分ちょっと過ぎ。7時40分に家を出て病院に向かう予定にしていた。弟が7時に帰宅して夕飯を家族で食べ終わったのが7時30分ちょっと前。稔は

「自分の部屋で用意してくるから」
・・・・・と言い2階に上がった。<つづく>
スポンサーサイト

本日もお読み下さりありがとうござました
ついでにランキングに協力お願いします!
↓   ↓   ↓
人気blogランキングでは何位だろう?
FC2ブログランキングでは何位だろう?

ページトップへ  トラックバック0 コメント19
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ボル君と兄ちゃんへ
コメント9-9shisuta | URL | 2007-09-09-Sun 14:55 [EDIT]
v-32いやいや・・・私も兄ちゃんに近いものがありましたよ。
なんか人・・という生き物を全く理解していなかったので。(笑)ここは兄ちゃんと違うとは思いますが。
友達って多ければいいってものじゃないって私は思うんだ。極端に言うとね・・私自分のお葬式もたくさんの人に見送られなくてもいいんだ~。本当に私の事を考えてくれた人だけでね。大体私お葬式やるんかな~。(^▽^ケケケお姉ちゃんとの関係は良い関係ですね。私とダーリンは最近不協和音です(^▽^ケケケ今日も朝から激怒して彼は家出中です。彼はものすごくカッとなりやすいところがあるので気が付くと怒ってますね~。私が何やら言うらしいです。私自身気が付いてないのでなんだかさっぱり(笑)いつも気が付くと帰ってきてますが。
稔的には最後の晩餐ですね。彼は覚悟していました。自分の生きている最後にすることは家族と・・と考えていたんですよね。
そうなんですよ。。。。死にたいじゃなくなくなりたいなんです。
私はこの時よくわからなかったんだけど・・・・今はわかるんですよ。
兄ちゃんが言ってることは近いと私は思います。なくなりたいという気持ちに私もなったことがあったんで。今なら分かるんですがねー。ありがとう

コメントボル(代筆 兄ちゃん) | URL | 2007-09-07-Fri 21:49 [EDIT]
兄「秘密を分かち合う友達ってのは、
  子供の頃からいなかったなぁ…。
  『所詮他人同士。判りあえる筈も無い』などと、
  斜に構えたイヤなガキでした。」

ボ「兄ちゃん、友達少ないでしょ。」
兄「まぁね。
  自慢じゃないけど、親兄弟より、
  ウチのお姉ちゃんの方が、よっぽどワシの事知っとるわい。
  ま、今やお袋には何一つ隠し事は出来んがな。」

ボ「ははは…。」
兄「稔は稔で周りに気を遣って、
  色々考えていたんだろうな。
  ただ、人間、穴に入り込む様な錯覚に陥ると、
  他の道が見え辛くなっちゃうからね。」

ボ「家族でとった食事は、
  最後の晩餐のつもりだったんですかね。」

兄「決心して、
  そのつもりで皆と夕食を囲んでたんだとしたら、
  その時の稔の心情を考えると、何とも辛いな…。」

ボ「『なくなりたいよ』は、
  ゼロからやり直せるなら『なくなりたくない』
  って事だったのかも知れませんね。」

カインちゃん( v^-゜)Thanks♪
コメント9-3shisuta | URL | 2007-09-03-Mon 17:03 [EDIT]
v-32そうそう!それが女の子だよね。女の子独特の遊び。それも気持ちの上での一つの成長なんだろうと思うんだ。
でも度が過ぎると虐めになることもあるんだよね。子供の世界は紙一重のきわどい所から成り立っていると私は思ってるんだ^。
私は人の内緒事が嫌いで秘密も嫌いで・・だから女の子とは広く浅くしか付き合わなかった。私言ってたもの。
「内緒や秘密にしないといけないことは私には一切言わないで」ってヽ(`▽´)/だって面倒なんだもの~。(笑)
自分のことでせいっぱいって感じだったかな。
私は墓場まで持っていくことはあるに~。
きっとほとんどの人はあるんだろうね~。(^▽^)/
うん。稔君は・・とてもヤバイですね。ありがと。

秘密さんへ08/31 23:13
コメント秘密さんへ shisuta | URL | 2007-09-03-Mon 16:56 [EDIT]
v-32それって痛いじゃん。なんでそうなるの~!
思い切って言ってみたらいいのに。
「人のプランで遊んで楽しい?自分で彼女を喜ばせたら?」って
大体・・その人デリカシーないし人の気持ちに鈍感ってことだよ。
それがわかったことだよね。先のことは神様だけが知っているさ。希望を胸に!!ありがとう。

秘密
コメントカイン | URL | 2007-09-02-Sun 21:25 [EDIT]
中学生の頃は友達からの好きな人の話とかを聞いて秘密だよって言われるのが嬉しかったなぁ。なんか、その子から「特別」だからって思われてるって感じてさ。
秘密ごとって多かったよなぁ。内緒だよって話て女の子は特に多かったと思う。
今の方が秘密はなし。あったらヤバイから。(爆)
でもね、一つや二つは墓場まで持って行きたい事ってあるよね。
稔くん、ヤバイよ。ヤバイ雰囲気が出すぎてるよ~v-12
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2007-08-31-Fri 23:13 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
名無し様~\(o⌒∇⌒o)/
コメント8-31 shisuta | URL | 2007-08-31-Fri 21:25 [EDIT]
v-32私はさ・・嫉妬とか嫌みとかが感じない人だったんよ。かなり鈍感だったみたい(笑)今もそうだけどさ。
名無しさんも色々あったんだよね。そっか~。(^^)
うん。安心してちょうだい。かなりの仲良しだと思って欲しい。
ちょっと~!大丈夫?この間の方かしら~?いいかい?(ーー;)ありがとう

コメント | URL | 2007-08-31-Fri 20:33 [EDIT]
そっかそっか。解釈がちとずれてたね。嫉妬は受ける人は絶対うけるよね~。でも
実際に嫉妬される人は相手にしてない人が多いみたいだね。シスタさんのように。
てかまた名前入れてないし…なので今回も名無しにしとくね。
兄弟仲良かったのか。よかった。うちと同じだ。
全く関係ないけど現在プチ失恋気分。気がつくのが遅い。。。何年経っても。
コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント8-31 shisuta | URL | 2007-08-31-Fri 20:32 [EDIT]
v-32フリークス さん
その言葉がスーッと入ってきたんだね。お互い良い関係だったんだろうな~。余程の信頼関係がないと自殺は止められないと私は思う。自分自身もそうっだしね。
自己防衛ではなくて?もしね・・鬱とか入っていたのなら記憶はなくなることあるよ。脳が自分を守るために記憶操作するんだよね。
本当に!生命力ってすごいよね!!(^▽^)/ありがとう
v-32urara2007ちゃん
いんだよ~| |_・) 陰から読んでいてくれて~。時間がないのにありがとう。心遣いに感謝するよん!
アハハハハ!うなりながらかい!人って不思議だよね。みんなそれぞれ違うのにとても近い経験をしてる時ってあるものね。
おもしろいね(^▽^)/
稔は心を閉ざしてしまっているからね~。
(ーー;)・・・ありがとう
v-32みかんくん
あ!意味わかった~?ありがとう\(o⌒∇⌒o)/そうなんよね。人間ラクな方へ移行するんよね。困った堕落者よ・・私(笑)
うんうん。いつも助けてくれてありがとう。今困ってることあるんよ。コメントのね・・NAMEの所に日付入れるじゃん。ハイホンにしてあるでしょ~。それがね。。。コメント書いて送るとさ・・・ハイホンがさ・・変な記号になっちゃうのよ。(ーー;)なんか・・わけわからん。ありがとう

コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント8-31 shisuta | URL | 2007-08-31-Fri 20:20 [EDIT]
v-32精神的に我慢強い人間は肉体が早く故障を来すのだよね。
でなければ・・ボロボロになってしまうからね~。
私も精神的に我慢強かったから身体が先にやられたな~。
心と身体は繋がっているってことだよね。
ONとOFFのスイッチか~。わかりやすい例えだと思う。きっとそんな感じで人の気持ちの構造ってできているんだろうな~。
お互い死ななくてよかったよねヽ(*^^*)ノ
自殺を何度も試みたからさ!
私もOFF経験はあるけど人の気持ちははっきりわかるとは言い切れないな。
わかってるようでわからないのかも。近いところまでは歩み寄れると思うけどさ。
けんねるさん良かったですね!お薬開発されて。ヽ(*^^*)ノ気分の不安定は本人もな回りも辛いですからね~。
ありがとう
v-3208/30 21:18 さんへ
名前がないけど・・多分・・ヽ(*^^*)ノ
男同士の世界は大変だと思う。女性よりもすごいよね。特に仕事とか。
私の場合は女だからさ。男と女の世界はいいんだよね~。男対女のお話の場合ね~。
そして1対1のお付き合いの事だよ。
女の子からは嫌われることはなかったけど・・嫉妬はかなりあったみたいね~(^▽^ケケケ。陰でね・・・大分経ってから聞いたんだわ(笑)ほとんどの女子は私に嫉妬していたみたいよ~。んでも私にあからさまには対応しなかった。かなり変な女だったからさ。言ってもどうしようもないって思ったみたい(笑)何に嫉妬かというと容姿だよ。容姿にかなり・・あったみたい。私自身は容姿のことなんて考えたこともなかったな~。きれいとかかわいいとかさ。ただこの顔でこの容姿だからこれに合った服装とかね。今もなお同じ。んでもって今はババァなのだヽ(`▽´)/
弟はね・・稔のことが大好きでそりゃ~仲の良い兄弟だったよ。
弟のが楽観的だったな~。案外次男って自由奔放だしね~。良い兄弟だったよ。ありがとう
v-32博蔵さん
リスカは私も経験者よ~。今も左手の手首にはためらい傷からなんやかんやと傷だらけ~。博臓さんも今はそうだよね。私もよくやったよな~って今は思う。精神をやられると自分を傷付けてしまうんだよね。これも良い経験だったと思うよね。ヽ(*^^*)ノ
何もなく・・可もなく不可もなく生きるよりもデコボコの道を来た人のがそりゃ~強くなると思うよ。だって経験値が違うもの。
でもね・・博臓さんはブログやコメントからなんか・・・過去にあっただろうな~というのがわかった。伝わってきてたんだ~(^▽^)/
自分だけの事を考えて自分だけを愛して生きるよりも自分の愛する者の為に生きるって生きていく力が湧いてくるよね。この子が大きくなるまでは死ねないとか普通に思えるよね。博臓さんよかったね。子供さんを大切にね~。これから憎まれ口叩くことも増えるだろうけど(^^)母は強し!母は太陽!博臓さんが産んだんだもの。大丈夫だと私は思うよ!(^▽^)/ありがとう

コメント( v^-゜)Thanks♪
コメント8-31 shisuta | URL | 2007-08-31-Fri 18:36 [EDIT]
v-32三符ちゃん
そうなのよ!!私もそうでね・・旧管理画面に戻ると最新記事とコメントの表示のプラグインが消えてしまうのよ!まいったぶ~~~!
あるね!女の人の友情は共感力・・納得!
私は三符ちゃんと一緒。浮いてたよ。とてもね。内面は。表面は適当に合わせたりしていた。面倒くさいんだよね。連むのが苦手でね。なんで理由はあるんだけどその時にはわからんかっただ~。
アハハハ!女子が怖いが笑えた!
私なんて派閥に属していないから相手にもされてなかったと思うよ(^▽^ケケケ
多分ね・・私の恵まれて居たところは容姿なんだよね。ご先祖様と親からの贈り物。これは感謝すべきものだよ。この容姿のおかげでほとんどのことが許されたんだよね。多分ね・・私がヒッチャカメッチャカのとてもおブゥー面だったら完璧に嫌われ者だったと思うよ。性格がかなり変だったからさ(^▽^ケケケ
そして今はもうダメよ~(^▽^ケケケ今は世間様が厳しい~。「このババァ~~ヽ(`▽´)/」ってね(笑)
稔は三符ちゃんの言うように入ってしまって閉ざしてしまったから。
運命って思うしかないんだよね~。ありがとう
v-32 満月ブルース さん
アハハハ!ホコリ男さんだ。そんな私もホコリ女だと思うよ~。かなりのね!(^▽^)/お互いホコリだらけで実体が見えなかったりして~(笑)んなわけないな!
私も満月さんと本当に一緒だわ。
何も言葉なし!って感じだよ。いつもさ・・考えが似てるから言葉がなくなるんだわヽ(*^^*)ノ私と満月さんが意見の食い違いになったらどうなるんだろう~。
私は途中で折れるタイプだけどね。稀に突っ走るかな。
ね!ね!人って無い物ねだりなんだと思うよ。この人は自分の感情で動くってことがほとんどなかったな~。人のためとか冷静な判断とか。怒るなんてなく諭すならあったけど。
多分人としての本物の強さを持っていたと思う。だから優しかったんだろうね。
こういう人を若い頃見てしまって・・そんで死に別れると・・どんな男も出来損ないに見えてしまってね・・比べたらいけないのだけど比べてしまって・・本当に苦労した。まず気になったのが・・「こんな事で怒るわけ?」ってな事。「頭が悪いな・・この人」とかね。自分が前へ進めなくて葛藤で葛藤で・・大変だったよ~。今はもういいんだけどね。ヽ(*^^*)ノありがとう

コメントみかん | URL | 2007-08-31-Fri 16:02 [EDIT]
>異性と付き合うことがラクだったのだろうな~。
おほほ~すげー意味が分かる。だけど中学生の頃にこんな風に思ってたなんてスゲ~(笑)14.15歳のときなんてゲームばっかりやってたわ。^^
ブログ画面でギブアップになりそうだったら言うんだよ^0^ 原因を探るからさ。
コメントurara2007 | URL | 2007-08-31-Fri 12:20 [EDIT]
かげからよんでました。
ほんと
ダブル部分もあって(ね~さんなら意味がわかるとおもう)う~~~~~~ってうなりながら
よんでました。
なかなかカキコできなくすみません。
ただ、時間がなかっただけっつうのもあって・・
ほんと、毎回たのしみしてます。
稔はどうなるんだ?
コメントフリークス | URL | 2007-08-31-Fri 00:16 [EDIT]
そうねぇ。オイラが若い頃にね。
自殺ってのは一度だけ考えたかな。
「そんなに死にたいなら私が殺してやるわ」
・・と友人が言ってくれまして、
それを支えにしてたら生き延びた(笑)
同時に記憶も少々無くしましたけど。
やっぱ生命力って大切だねぇ(苦笑)
コメント博蔵 | URL | 2007-08-30-Thu 21:38 [EDIT]
ワタクシの友達で自殺や未遂って人はいなかったけど・・・・・
自分の若い頃何度かやっちゃいましたー。
今で言うところのリストカットってやつかな・・・・
だからそういう人の気持ちは少しはわかるよ。
今はまったくそんな事ないけどね。
家庭の事情は複雑なほうだったかもしれない。
親の愛情をうまく感じ取る事のできない子供時代だったな。
そのせいか思春期から情緒不安定なことが多かった。
その延長かなー。
だけど、ワタクシは見事に開き直ったよ。
お陰で何事もなく生きてこれた人よりよっぽど心が強くなったような気がする。
強がってるって事なのかもしれないけど。
そうだなー、ワタクシはきっと子供を産んでから強くなって来たのかもしれない。
自分の事以上に真剣にそのこの将来とか希望とかを考えちゃうもんね。
生きてさえいれば何かをきっかけに変われる事もあると思うよ。
周りが変わるとか変えてくれるとかじゃなく自分が変わる事がさ。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2007-08-30-Thu 21:18 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントけんねる  | URL | 2007-08-30-Thu 20:49 [EDIT]
人間にはいくつかのスイッチがあって、それぞれが、「ON」と「OFF」で、そのスイッチが全て「ON」の人は、きっと強靭な精神的安定力を持った状態を保っているのだと思います。
でも、そのスイッチって、案外些細なことで簡単に「OFF」に切り替わっちゃうもんなんですよね。
よくあるのが異性に告白して振られちゃったり、友達とケンカしてふさぎ込んじゃったりした時のように、あっさり落ち込んじゃったりしてなかなかスイッチは「ON」に入らない。
僕もいくつかあるスイッチのほとんどが、仕事から来る些細なストレスの積み重ねが原因でほとんど「OFF」になってしまいました。
全てが「OFF」になる前に、身体的に不調をきたしたために、手遅れにならずに精神科に行くことができましたが、これがもしも身体的な不調を伴わないものだとしたら、僕も危なかったと思う事があります。
だからという訳ではありませんが、たくさんのスイッチが「OFF」になってしまった人の気持ちが分かるんです。
たくさんのスイッチが「OFF」になると、とてつもなく分厚い壁で自分を覆おうとし始めるんです。
よっぽどのことが無い限り、閉ざした心に届く言葉を受け取ることはできないようになるんです。
耳では聞こえているんですけどね。
仮に目の前に一億円積まれて、「全部あげる!」って言われても、何も感じないんですよね。
楽になりたい気持ちが、自ら死を呼び寄せるような妄想や、行動になったりしてしまう、恐ろしい状態なんです、スイッチのALL「OFF」は。
ただ今治療中の僕ですが、脳ミソをAIに変えたらどれだけ楽だったろうかと、ふと思うこともあるんですが、まだ生身の方がいいのかなぁと思っています。
なんか銀鉄999みたいだなぁ(笑)。
で、今言いたい事は、やっとこですが、今どきだからこそなのですが、スイッチを比較的簡単に「OFF」から「ON」に切り替わりやすくしてくれるお薬がお医者さんで処方されるようになりました。
このshisutaさんのブログを読んで、
「もしかしたら…」
と感じた方は、精神科や心療内科のドアを叩いてみてくださいね。
発見が早いと、治癒も早いです。
コメント満月ブルース | URL | 2007-08-30-Thu 17:30 [EDIT]
秘密~
そりゃ~俺は叩けばホコリで見えなくなるくらいでる。
だってだって生きてるんだもん。
っといい訳
なんか連帯感がうまれるのはわかる。
でも・・・おれも大人になってからは!!
知らない事は知らないままが幸せってことがあると思う。
知ってれば対処出来るって事もあるけど?
最近はあまり深く聞かないし言わない
相談されたら真剣にのるけどね。
『温厚でソフトで何でもまるく治める天才』に憧れる
初対面でも話しやすいとは言われるけど・・・
そんな人間になれるように精進・精進
コメント三符 | URL | 2007-08-30-Thu 17:17 [EDIT]
FC2新管理画面切り替えたはずなのに
再ログインしたら旧に戻ってましたー(゜Д゜;≡゜Д゜;)ナゼ??
なんかまだ大変そうだしかえって良かったですー(笑
男の人の友情は優しいですよね(*^―^*)
距離を置くことを許してくれるというか・・
女の人の友情は共感力なのでぼやぼやしてると
どんどん置いていかれますから(置いていかれてました・・
ワタシはずっと女子から浮いてたので(爆
逆にどうやったら溶け込めるのか悩んでましたねー(T▽T)
兄と弟に挟まれてたので、ワタシも男子といる方が楽だったんですが
そうすると女子が怖ぇーんだな。これが(笑
稔さん・・
どんどん殻に閉じこもって、危険なほうへ向かってますね
みんながこんなに思っていたのに
少しでも気がついてくれてたら・・
歯がゆいです(><)
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 私の彼女は霊媒体質!?+ shisutaブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。